白報会とは

  • MENU
  • 医療法人 白報会グループ

産後ケア マミーキャンプ

BIHAKU

白報会とは

白衣を着た医師や看護スタッフ 社会に報いる

白衣を身にまとった医療従事者が寄与貢献する事を目標に、名称として掲げています。私たちは患者家族中心の真心のこもった医療を提供してまいります。

経営理念

一、
  1. 私達は、患者・家族中心の真心のこもった医療を提供して参ります。
二、 私達は、プライマリー・ケアの一端を成し地域社会に貢献して参ります。
三、
  1. 私達は、病院・施設・事業所との連携を図り社会に寄与貢献して参ります。
四、 私達は、医療機関に携わる者として、より高い水準の医療を目指しスタッフ一同努力して参ります。

白報会の考える「医療」

最新の医学知識、医療技術により患者様の心や身体をトータルにとらえ豊かな環境のもと医療を提供し、皆様が健康である喜びを実感してもらえる事が我々の使命と考えております。

内科、専門内科、皮膚科、整形外科、リハビリ科、耳鼻咽喉科、眼科、精神科、眼科、歯科をはじめとする20科目の総合診療により適切な検査や診断を行い、専門の医療、環境へと導きその後の療養についても患者様にとって最善の選択を行える環境を提供しなければなりません。

この環境を実現するにあたり我々は在宅医療の充実が重要であり、今後、日本の医療に欠かせない要素であるが故に更なる在宅医療の普及も課題になっているのも事実です。 予防医学の考えに基づき検診(特定の病気かどうか)、健診(健康かどうか)予防接種の受診は我々人間が健康に人生を過ごして頂く為に受診を勧める責務を担っていると考えております。

この総合的な環境をさらに充実させ、生活の一部として身近に感じて頂くために、より信頼される医療環境の提供に努めて参ります。

不安を取り除ける医療機関

一、
  1. 注視

二、

布石を打つ

三、

柔軟に対応

今後は、医療と介護の現場が在宅中心となる傾向が一層強まるため、後期高齢者に係る医療制度の見直しは、2025年に向けた医療関連政策の重要な柱の一つでもあります 2025年度社会保障改革の布石として、 高齢者医療の在り方を左右するものとして注視していくことが必要です。

  • 白報会スタッフのご紹介
  • 健康診断への取組み
  • 新卒採用情報はこちら
  • インターン情報
  • 広報誌 白報 バックナンバーはこちら
  • 求人情報はこちら